スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新版ロシアンデュエル

長らく更新していない間にだいぶ様変わりしたので、正直過去記事を見る必要はありません。
新ルール(といってもだいぶ前に変更したので新って感じはない)もこの記事でまとめます。
以前のものにいろいろ付け足したくらいですけどね。



推奨プレイ人数 2~4人

推奨デッキ パワーラインの高いビートダウン
速攻だと爆弾カードを引いてすぐ息切れしやすく、コントロールはロシアンデッキに流れを崩されて思うように動きにくいため。殴り合いを推奨するルールなのでビートダウンが適任。



・デュエルに使用するデッキ以外に専用のロシアンデッキを用意。(レシピは追記より)
現在は枚数が多いためデッキは2分割して置く。捲る際はどちらを捲ってもよい。

・各プレイヤーは自身の3ターン目から

1・ターンの最初、マナアンタップの処理前やターン開始時発動の効果の処理前
2・相手のシールドを自身のクリーチャーの攻撃によりブレイクしたときそのシールドから出たカードのS・トリガー効果などを全て処理した後
3・自分のシールドがなくなったとき(この場合はツインチェックが大きく関わってくるため後述のツインチェックの欄も参考に)
4・デッキがなくなった時

にロシアンデッキの一番上を捲り、出たカードを使用。2は複数枚をブレイクした場合、全てのブレイク処理終了後ブレイクした枚数だけ捲る。2、3はタイミングが被る場合があるが、アクティブプレイヤーから処理を行う。
クリーチャーのシールドブレイクによる発動も自身の3ターン目以降。

各カードは呪文以外はターン中バトルゾーンに残り、バトルゾーンを離れる処理があった場合はロシアンデッキの横(以下トラッシュ)へ移動。トラッシュは各プレイヤーごとに違うものを利用。お互いの使用したカードが混ざらないようにする。
また使用したターン終了時にバトルゾーンに残っていた場合、ターン終了時の他のカードの処理が全て終わった段階でトラッシュへ移動。このバトルゾーンを離れる処理は《時空の封殺ディアスZ》などの効果の対象として扱わない。
呪文の場合は効果使用後トラッシュへ移動。
ロシアンデッキから捲れたカードの発動は《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜キング・アルカディアス》などの効果の対象することはできない(詳しくは後述)。


・クリーチャーの場合
捲ったらバトルゾーンへ。《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《聖鎧亜キング・アルカディアス》などの効果、《時空の喧嘩屋キル》《時空の探検家ジョン》《霊魔の覚醒者シューヴェルト》などの覚醒条件の対象として扱わない。ただしロシアンデッキから使用したカードの効果による他のカードの移動、使用に対しては反応する。
(例:《斬隠オロチ》が捲れても《百発人形マグナム》の効果は発動しないが、《斬隠オロチ》の効果で山札からクリーチャーが出た場合は《百発人形マグナム》の効果が発動する。)
進化クリーチャーの場合は進化条件を満たした場合のみバトルゾーンへ出し、満たせなかった場合はトラッシュへ。

バトルゾーンから離れる処理が入った場合は破壊、マナ送りなどは関係なくトラッシュへ。その際の処理はサイキック・クリーチャーと同様の処理とする。(例・破壊だった場合、破壊された時~などの効果を使用できる。)
ターン終了時にバトルゾーンに残っていた場合もトラッシュへ。この処理は破壊などとしては扱わない。この際「バトルゾーンを離れる時~」「バトルゾーンを離れた時~」という効果の使用はできるが、仮に置換効果を使用しバトルゾーンを離れなくなった場合でも再度離れる処理を行い、バトルゾーンを離れるまで処理を続ける。
(例:《インフィティ・ドラゴン》がいる状態でロシアンデッキから出たドラゴンがターン終了時の処理で場を離れる場合は置換効果が失敗するまで、つまりファイアー・バードまたはドラゴンでないカードが捲れるまで山札を捲り続けなければならない。)
ロシアンデッキから出た進化クリーチャーの進化元に通常デッキのカードを使用している場合、破壊、マナ送りなどは関係なく墓地へ。《悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス》の効果は発動する。

ロシアンデッキから出たクリーチャーを進化クリーチャーの種にした場合、ターン終了時に種としたカードはトラッシュへ移動し、上になっていたカード及び同時に種として扱っていたカードは全て墓地または超次元ゾーンへ送る。この際置換効果で墓地または超次元ゾーン以外の場所へ置くことはできない。《電磁封魔ルチアーノ》などの効果は使用できる。


・呪文の場合
捲ったときの状態で効果を使用し、使用後はトラッシュへ。空撃ちとなった場合はそのままトラッシュへ。この処理は《氷牙レオポル・ディーネ公》《霊魔の覚醒者シューヴェルト》などの効果の対象として扱わない。
この発動は《光神龍スペル・デル・フィン》などの効果の対象にならない。
(例:相手の場に《光神龍スペル・デル・フィン》がいる状態で《ポジトロン・サイン》を捲った場合、山札から4枚を見るが効果の対象となる呪文を唱える行為は《光神龍スペル・デル・フィン》によって禁止されるため発動できず山札の下へ戻すことになる。)


・クロスギアの場合(現在ロシアンデッキに投入されていません)
捲ったらバトルゾーンへ。バトルゾーンを離れる処理があった場合、もしくはターン終了時にトラッシュへ。効果処理、クロス時のコストは通常と同様のルールとする。
(例・《ペトリアル・フレーム》をクロスする場合、クロスするために支払うコストの中に光マナが一枚以上なければならない。)
《巡霊者シリアス》《微笑妖精レイリン》などの効果の対象として扱わない。


・城の場合(現在ロシアンデッキに投入されていません)
捲ったら要塞化。《T2・オガプー》の効果の対象として扱わない。バトルゾーンを離れる処理があった場合、もしくはターン終了時にトラッシュへ。
捲れたカードを要塞化したシールドを対象にシールド・フォースを発動した場合、城がトラッシュへ移動し元のシールドはそのままである場合シールド・フォースは解除されない。


・シャッフルカード
ロシアンデッキにはシャッフルカードが存在する。このカードを捲った場合、相手のトラッシュにあるカードをロシアンデッキへ戻し、ロシアンデッキをシャッフルしたあと再度捲りなおす。
シャッフル直後にシャッフルカードが出た場合はもう一度シャッフルし直し、シャッフルカード以外が出るまで同様の処理を行う。


・横取りカード
ロシアンデッキには横取りカードが存在する。このカードが捲れた場合、相手のトラッシュの一番上にあるカードを使用し、使用後は自分のトラッシュの上に戻す。多人数戦の場合は各プレイヤーのトラッシュのうち1箇所から選ぶ。


・ツインチェック
自分のシールドが0枚の場合、ロシアンデッキを捲る際は通常捲る枚数の倍の枚数を捲る。
ツインチェックの1枚目の処理の際に自分のシールドが0枚でなくなった場合、ツインチェックはキャンセルとなり2枚目は捲らない。




・試合は原則2本先取、2本目以降は負け先とする。

・各対戦終了時にトラッシュにあるカードはロシアンデッキへは戻さない。
デュエル中にロシアンデッキがなくなる、シャッフルカードが出た場合のみ戻す。


追記からは現在のロシアンデッキのレシピ紹介です。

続きを読む

スポンサーサイト

ロシアンデュエルその6


特殊ルールデュエル「ロシアンデュエル」についての記事です。
ルールはこちらを参照。

デッキ変更をメモ。

続きを読む

ロシアンデュエルその5


特殊ルールデュエル「ロシアンデュエル」についての記事です。
ルールはこちらを参照。

デッキ変更をメモ。

続きを読む

ロシアンデュエルその4


特殊ルールデュエル「ロシアンデュエル」についての記事です。
ルールはこちらを参照。

デッキ変更をメモ。

続きを読む

ロシアンデュエルその3


特殊ルールデュエル「ロシアンデュエル」についての記事です。
ルールはこちらを参照。

デッキ変更をメモ。

続きを読む

プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。