スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿堂予想


公式サイトで「殿堂は4枚」という発表がありました。
みなさんも予想されているようですし、私も参加してみます。

予想

・プレミアム殿堂
《エンペラー・キリコ》

・殿堂
《進化の化身》
《超次元バイス・ホール》
《ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー》


では、各予想カードとその他殿堂候補であろうデッキについて。

《エンペラー・キリコ》
数多くの大型大会で暴れまわり、今年の全国大会のレギュラーでは12フィニッシュ。
サポートを潰してもまた復活する可能性は捨てきれないですし、ここらできっちり終わりを告げるのが一番ではないでしょうか。

個人的な話:現在自分で使っているのはオリジンにのみでそれも種族的なシナジーがあったからというだけ。規制に関して自分のデッキへの影響は少ないです。
しかし私の使うデッキは基本このカードを軸としたデッキへのメタの比重が大きいため、消えられると次の環境に出遅れてしまうのが怖いです・・・

《進化の化身》
Mロマ系統を本体規制を回避して弱体化させるなら。Gリンクのシステムを潰すのはあまりいいことではないでしょうし、可能性は十分考えられます。
他に影響を受けるなら《超電磁コスモ・セブ・Λ》を使ったデッキ。こちらは《躍動するジオ・ホーン》でカバーできるのであまり問題ないですかね。

個人的な話:Mロマ系統は苦手なので弱体化はありがたい話。使用頻度も低いので手持ちへの影響はないですね。

《超次元バイス・ホール》
出せる範囲の広さと、実質除去耐性を持たせられる強力な呪文。様々なデッキに採用され猛威を振るっています。
Mロマ系統は手撃ちが難しい、さらに《ヴォルグ・サンダー》の影響で呪文を減らす傾向が強まりハンデスができないことも増えていますが、これほど汎用性の高いカードは放置しておけばいつか危険な存在になってしまうでしょうね。
《時空の支配者ディアボロスZ》とのコンビ殿堂は解除してもいいと思っています。引きゲーになってしまう、という懸念はよく聞きますが1回くらいなら頑張って対処しましょうよ。

個人的な話:好きなカードなので殿堂は辛いですね。しかも木曜に3枚買ってしまったのでしてほしくないってのが本音です。

《ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー》
現環境最大の危険因子。キリコ系統で暴れ回るだけでなく、最近は紅蓮ゾルゲのループコンボなども有名です。
上記の2種類を共に潰すには本体の制限が手っ取り早い手段。発売からそんなに経ってないとはいえ、現在プレミアム殿堂となっているライブラリアウト呪文の比にならない高速LOなので、もし今回スルーしたとしても次回で規制かかるのは確実と見ていいでしょう。

個人的な話:現在3枚所持。殿堂の影響があるのは5cくらいですが、あのデッキは他にいくらでもフィニッシュパターンがあるのでそこまで気にすることはなし。他のデッキは大抵1枚あれば足りますし。
問題は使わない2枚をどう捌くか。柩は持ってなかったと思うしそのあたりに撒いときますか。




《サイバー・N・ワールド》
今回私は候補に入れませんでしたが、あの4枚のどれかが外れるとしたらこれの殿堂と差し替え。
それまでにあった様々なカードを否定するこの1枚は、殿堂しても文句のないスペックでしょう。

個人的な話:《エンペラー・キリコ》と同じくいてもらったほうがありがたい。自分で使う機会は少ないものの、相手にはよりますが使ってもらって嬉しいことも多々。

《ボルバルザーク・エクス》
リメイクしたら本家並みの壊れスペックとなりました。《サイバー・N・ワールド》との相性の良さはいうまでもありませんね。
今回予想に入れなかったのはさすがに発売半年も経たずに規制は会社の信用問題的にないだろうと判断したため。しかし次回は絶対にかかると思います。

個人的な話:持ってないですし使われて面倒なだけなんで殿堂で文句ないです、というか大歓迎。

《邪神M・ロマノフ》
言うまでもなくMロマ系統の核。ではありますがゴッドリンクのシステムを潰すのは勿体無いですし、《進化の化身》規制で十分なんじゃないかと。リンクさせる人がいるかはさておき。
青型なんかはこの1枠が抜けても殆ど遜色ないでしょうし、逆に《進化の化身》殿堂の方が痛いでしょう。黒型、白型はどちらにせよ厳しいでしょうし。
《エボリューション・エッグ》を利用した型やオリジンMなどは影響ないですし、規制なしならそういったものが主軸になるんですかね。

個人的な話:地味に使ってますし、そのデッキには《進化の化身》は採用されていません。つまりあちら規制のほうがありがたいってことです。

《母なる紋章》
時々聞きますね。確かに環境上位のデッキに積まれることは多いですし、ありえない話ではありません。
ただプレミアム殿堂となるとまだちょっと弱いかな、と。他カードとのシナジーは強力ですが、それは今に始まったわけでもないですし。

個人的な話:何枚か使ってはいますが、そこまで重要度は高くないんですよね。それでもないと困ると言えば困るので規制は免れて欲しいです。

《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》
こういった時期になると必ずどこかで名前が出る1枚。殿堂してからも第一線で活躍しています。
引きゲーの代名詞の一つと言えなくはないですが、実際対策法も出ていますしプレ殿まではないんじゃないかな。

個人的な話:使用率も高いので殿堂されるのは困ります。
と言いたいところですが、黒単の天敵である以上消えてもらってもいいかななんて思いもあったり。どちらに転んでもいいです、もう。

《超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX》
たまに候補に挙がってます。確かに爆発的なアドンテージを叩き出し、その割には召喚も容易な面はあります。規制するなら一発プレミアム殿堂ということでしょうかね。
しかし最近ではカードプールの増加によって、8枚の枠から脱落することも多々。規制されるほどの結果を残したというイメージもないですし、されることはないんじゃないですかね。

個人的な話:上記のとおり規制される必要はないと思います。使用率もそんなに高くないですし、プレ殿されるようなものではないです。



・・・っと、このくらいで。
共感、反論などあれば是非コメントいただきたいです。
コロコロのフラゲを考慮すれば殿堂発表まであと1週間といったところでしょう。楽しみですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。