スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒単まとめ


現行のエースデッキ紹介。
こういうがっつり解説するのは実は初めてなんじゃないですかね。

新生活が始まり更新頻度が減っているので、ひとつひとつの記事を内容が濃いものにしていきたいです。

夜鷹の夢

1 x 光牙忍ハヤブサマル

4 x 特攻人形ジェニー
3 x 西部人形ザビ・バレル
4 x 死神の邪剣デスライオス
1 x 龍神ヘヴィ
3 x ザ・美食秘宝サイキック・イーター
1 x 威牙の幻ハンゾウ
1 x 魔刻の斬将オルゼキア
3 x 暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ
4 x アンラッキーダーツ
4 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 超次元ミカド・ホール
2 x デーモン・ハンド
3 x 地獄門デス・ゲート
2 x ローズ・キャッスル

2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G・オルゼキア
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン


内容としてはガルドCSの構築とほぼ同じ。変更点は《サンダー・ティーガー》を抜いて当時未発売だった《勝利のガイアール・カイザー》を投入したくらい。
CS終了後もいろいろ試行錯誤してみましたが、結局この型が一番しっくりきますね。


まずは一昔前からの大きな変更点をメモ。

・《封魔妖スーパー・クズトレイン》解雇
黒単の誕生以来メインパーツとして活躍してきたこのカードの解雇。環境の変化に伴い常に妨害行動をすることが必要となり、このカードを出すタイミングが失われたことが要因となりました。
出せれば強いのはもちろんなのですが、《超次元ガード・ホール》などで簡単に除去されることも増えキープすることが難しくなっているのも確かです。

これによりデッキからドローソースがなくなりましたが、環境上位のデッキであれば《サイバー・N・ワールド》でドローさせてくれたりビートダウン系は盾を割ってくれることが手札補充につながるのであまり困っていません。つまり相手任せなわけです。
デッキのカードパワーを底上げしたのでトップも強くなっており、あとはその場の引き次第ですが十分戦えます。

・《百発人形マグナム》解雇
こちらもずいぶん初期から活躍してくれました。サイキックシステム登場後は一般にも認知されてきて、古くから使い続けていた身として感動しましたね。
しかし最近の環境には刺さらないことも多くなりました。《ボルバルザーク・エクス》や《超電磁コスモ・セブ・λ》を使うデッキにはまるで効きません。
超次元呪文を採用できるメリットの方が大きかったため解雇した次第です。


続いて個別の解説から。

《光牙忍ハヤブサマル》
このカードの存在で実質的な黒単ではないのですが、そんなプライドは捨ててまでも入れる価値のある1枚。
《百発人形マグナム》解雇で使いやすくなったのもありますね。

《特攻人形ジェニー》
《龍神ヘヴィ》殿堂から衰退していった第一世代の黒単の前に突如現れ、第二世代の黒単の誕生の立役者となったカード。
《封魔妖スーパー・クズトレイン》との強烈なシナジーが採用の第一理由でありましたが、あちらが解雇された今でも《超次元リバイヴ・ホール》や《地獄門デス・ゲート》とのシナジーは抜群。
序盤からガンガン出していき、相手の選択肢を削り取っていきます。

《西部人形ザビ・バレル》
下越勢とのデュエルの中で可能性を見出せた1枚。苦手だった速攻への耐性が高まりました。
速攻以外でも序盤からプレッシャーをかけていけるので重宝します。

《死神の邪剣デスライオス》
《龍神ヘヴィ》殿堂以来、除去の核として活躍するカード。昔より高速化した今の環境では、このコストの軽さのおかげでむしろあちらより強いくらいです。
相手が先攻でブースト1本から5コストにつなげて軸になるカードを出すのが4t目、そこに合わせてこいつを出してテンポを崩すのが基本の攻めです。
《時空の斬将オルゼキア》の覚醒条件を満たすのにも便利で、9マナから《超次元リバイヴ・ホール》と同時に投げるのは攻めパターンのひとつとして確立されました。

《龍神ヘヴィ》
初期から除去の核として活躍するカード。ドロー付きの除去ということで、《封魔妖スーパー・クズトレイン》が出てなくとも手札を切らさず除去できるというのが他にはない強さです。

《ザ・美食秘宝サイキック・イーター》
トリガー枠。黒のトリガーカードでも特に優秀です(持論)
4000サイズのブロッカーだけでなく、離れたときにサイキッククリーチャーを破壊。《レッド・ABYTHEN・カイザー》《時空の支配者ディアボロスZ》を除去できたり、《超次元シューティング・ホール》《ガイアール・カイザー》を止められたり。
いるだけでプレッシャーをかけられるカードです。

《威牙の幻ハンゾウ》
攻防に優秀な殿堂カード。NS除去や場持ちのいいアタッカー、《時空の霊魔シュヴァル》の覚醒条件を満たすなど役割はたくさんあります。

《魔刻の斬将オルゼキア》
2体除去を狙え、アタッカーとしても優秀なカード。複数枚積むと序盤に重たいため、1枚にしています。

《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》
主力のアタッカー。ボードを崩しながらの2打点が強いです。

《アンラッキーダーツ》
ハンデスの主力。相手のデッキの動きを読んでしっかり当てにいきアドバンテージを取ります。
《特攻人形ジェニー》→《西部人形ザビ・バレル》と繋ぎ相手の手札を削り、そのときの相手のマナから判断すると当てやすいです。
呪文なのでトップで引くと強くないのが難点でしょうか。

《超次元リバイヴ・ホール》
《封魔妖スーパー・クズトレイン》の代わりとも言うべき、ドロソを排除した現在の構築では手札補充ができる数少ないカードです。
多く積まれる自壊カードとの相性に優れ、優秀なサイキッククリーチャーに繋げられる主軸です。

《超次元ミカド・ホール》
《時空の封殺ディアスZ》も選択肢に取れる呪文。《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《勝利のガイアール・カイザー》を利用した除去の使用がメインですね。

《デーモン・ハンド》
癖のないシンプルな除去札。枠としては《地獄門デス・ゲート》と被りますが、タップされていないクリーチャーでも対処できるのが大きな違い。
《超電磁コスモ・セブ・λ》などのビートダウンにはこちらのほうが便利ですね。

《地獄門デス・ゲート》
《デーモン・ハンド》との比率調整。《ヴォルグ・サンダー》を使ったLO狙いで殴らないデッキが増えてきて、除去対象を取りやすくなったのが投入を決意したきっかけです。
コストの軽い《特攻人形ジェニー》《死神の邪剣デスライオス》との相性に優れ、《デーモン・ハンド》にはできない芸当でアドバンテージを得られます。

《ローズ・キャッスル》
環境に合わないと抜く人が増えていますが実は立派な環境メタ。赤黒緑ビートダウンや青黒緑λ、青黒ハンデスなどはパワー1000が多くいるので刺さります。《霞み妖精ジャスミン》《特攻人形ジェニー》を無力化したり。
《死神の邪剣デスライオス》のような相手に選択権のある除去が多いため、相手が横にいる小型を破壊して狙いたい除去対象から回避、といった動きも制限できます。
またパワーラインの操作が地味に優秀です。重要なところで言えば対《偽りの名 ゾルゲ》ですが、パワーを下げると7000。こちらのメインアタッカーである《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》《ヴォルグ・サンダー》《時空の封殺ディアスZ》と相殺になり、紅蓮ゾルゲへの繋ぎでこちらのボードを崩すという動きが取りづらくなります。


《ヴォルグ・サンダー》
環境を席巻しているカード。このデッキでも相手の選択肢を削ったり、LOで圧力をかけたりと活用しています。
LOの可能性をちらつかせると《サイバー・N・ワールド》を出してきますからね。こちらも手札が得られるのでそこから新しい攻めを繰り出していけます。
元の打点も高く、アタッカーとしても優秀です。

《時空の脅威スヴァ》
単純に見ると《シルバー・ヴォルグ》のほうが強いわけなんですが、《時空の霊魔シュヴァル》の覚醒条件を満たせるのが何よりの強みです。

《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》
ビート対策の第一人者。細かい説明はいりませんよね。
ハンデスが多く、効果使用後も相手の行動を縛ることができます。

《時空の斬将オルゼキア》
メインアタッカーの一枚。《死神の邪剣デスライオス》を利用して覚醒を積極的に狙っていきます。
覚醒後は12000のTブレイカー。デッキ内でも最大級のアタッカーです。9マナから《超次元リバイヴ・ホール》《死神の邪剣デスライオス》で投げつける動きが基本ですね。

《時空の封殺ディアスZ》
相手の墓地潰し、自身のデッキ回復、ボードや手札削りと役割の多いカード。
《魔刻の斬将オルゼキア》などの除去を使って覚醒を狙うのも難しくはありません。

《時空の霊魔シュヴァル》
サイキッククリーチャーにデーモン・コマンドが多いため覚醒を狙うのは容易。除去耐性などはないですが、いるだけで相手に負担を与えます。

《勝利のガイアール・カイザー》
超次元呪文から投げられるSA。黒単で出せる限られたSAであるので、用途は多いです。



・・・ここまでで疲れちゃいましたw

各デッキの立ち回りなどは後日書いていきたいと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい構築ですねドロソを省く発想はなかったです
プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。