スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新版ロシアンデュエル

長らく更新していない間にだいぶ様変わりしたので、正直過去記事を見る必要はありません。
新ルール(といってもだいぶ前に変更したので新って感じはない)もこの記事でまとめます。
以前のものにいろいろ付け足したくらいですけどね。



推奨プレイ人数 2~4人

推奨デッキ パワーラインの高いビートダウン
速攻だと爆弾カードを引いてすぐ息切れしやすく、コントロールはロシアンデッキに流れを崩されて思うように動きにくいため。殴り合いを推奨するルールなのでビートダウンが適任。



・デュエルに使用するデッキ以外に専用のロシアンデッキを用意。(レシピは追記より)
現在は枚数が多いためデッキは2分割して置く。捲る際はどちらを捲ってもよい。

・各プレイヤーは自身の3ターン目から

1・ターンの最初、マナアンタップの処理前やターン開始時発動の効果の処理前
2・相手のシールドを自身のクリーチャーの攻撃によりブレイクしたときそのシールドから出たカードのS・トリガー効果などを全て処理した後
3・自分のシールドがなくなったとき(この場合はツインチェックが大きく関わってくるため後述のツインチェックの欄も参考に)
4・デッキがなくなった時

にロシアンデッキの一番上を捲り、出たカードを使用。2は複数枚をブレイクした場合、全てのブレイク処理終了後ブレイクした枚数だけ捲る。2、3はタイミングが被る場合があるが、アクティブプレイヤーから処理を行う。
クリーチャーのシールドブレイクによる発動も自身の3ターン目以降。

各カードは呪文以外はターン中バトルゾーンに残り、バトルゾーンを離れる処理があった場合はロシアンデッキの横(以下トラッシュ)へ移動。トラッシュは各プレイヤーごとに違うものを利用。お互いの使用したカードが混ざらないようにする。
また使用したターン終了時にバトルゾーンに残っていた場合、ターン終了時の他のカードの処理が全て終わった段階でトラッシュへ移動。このバトルゾーンを離れる処理は《時空の封殺ディアスZ》などの効果の対象として扱わない。
呪文の場合は効果使用後トラッシュへ移動。
ロシアンデッキから捲れたカードの発動は《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜キング・アルカディアス》などの効果の対象することはできない(詳しくは後述)。


・クリーチャーの場合
捲ったらバトルゾーンへ。《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《聖鎧亜キング・アルカディアス》などの効果、《時空の喧嘩屋キル》《時空の探検家ジョン》《霊魔の覚醒者シューヴェルト》などの覚醒条件の対象として扱わない。ただしロシアンデッキから使用したカードの効果による他のカードの移動、使用に対しては反応する。
(例:《斬隠オロチ》が捲れても《百発人形マグナム》の効果は発動しないが、《斬隠オロチ》の効果で山札からクリーチャーが出た場合は《百発人形マグナム》の効果が発動する。)
進化クリーチャーの場合は進化条件を満たした場合のみバトルゾーンへ出し、満たせなかった場合はトラッシュへ。

バトルゾーンから離れる処理が入った場合は破壊、マナ送りなどは関係なくトラッシュへ。その際の処理はサイキック・クリーチャーと同様の処理とする。(例・破壊だった場合、破壊された時~などの効果を使用できる。)
ターン終了時にバトルゾーンに残っていた場合もトラッシュへ。この処理は破壊などとしては扱わない。この際「バトルゾーンを離れる時~」「バトルゾーンを離れた時~」という効果の使用はできるが、仮に置換効果を使用しバトルゾーンを離れなくなった場合でも再度離れる処理を行い、バトルゾーンを離れるまで処理を続ける。
(例:《インフィティ・ドラゴン》がいる状態でロシアンデッキから出たドラゴンがターン終了時の処理で場を離れる場合は置換効果が失敗するまで、つまりファイアー・バードまたはドラゴンでないカードが捲れるまで山札を捲り続けなければならない。)
ロシアンデッキから出た進化クリーチャーの進化元に通常デッキのカードを使用している場合、破壊、マナ送りなどは関係なく墓地へ。《悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス》の効果は発動する。

ロシアンデッキから出たクリーチャーを進化クリーチャーの種にした場合、ターン終了時に種としたカードはトラッシュへ移動し、上になっていたカード及び同時に種として扱っていたカードは全て墓地または超次元ゾーンへ送る。この際置換効果で墓地または超次元ゾーン以外の場所へ置くことはできない。《電磁封魔ルチアーノ》などの効果は使用できる。


・呪文の場合
捲ったときの状態で効果を使用し、使用後はトラッシュへ。空撃ちとなった場合はそのままトラッシュへ。この処理は《氷牙レオポル・ディーネ公》《霊魔の覚醒者シューヴェルト》などの効果の対象として扱わない。
この発動は《光神龍スペル・デル・フィン》などの効果の対象にならない。
(例:相手の場に《光神龍スペル・デル・フィン》がいる状態で《ポジトロン・サイン》を捲った場合、山札から4枚を見るが効果の対象となる呪文を唱える行為は《光神龍スペル・デル・フィン》によって禁止されるため発動できず山札の下へ戻すことになる。)


・クロスギアの場合(現在ロシアンデッキに投入されていません)
捲ったらバトルゾーンへ。バトルゾーンを離れる処理があった場合、もしくはターン終了時にトラッシュへ。効果処理、クロス時のコストは通常と同様のルールとする。
(例・《ペトリアル・フレーム》をクロスする場合、クロスするために支払うコストの中に光マナが一枚以上なければならない。)
《巡霊者シリアス》《微笑妖精レイリン》などの効果の対象として扱わない。


・城の場合(現在ロシアンデッキに投入されていません)
捲ったら要塞化。《T2・オガプー》の効果の対象として扱わない。バトルゾーンを離れる処理があった場合、もしくはターン終了時にトラッシュへ。
捲れたカードを要塞化したシールドを対象にシールド・フォースを発動した場合、城がトラッシュへ移動し元のシールドはそのままである場合シールド・フォースは解除されない。


・シャッフルカード
ロシアンデッキにはシャッフルカードが存在する。このカードを捲った場合、相手のトラッシュにあるカードをロシアンデッキへ戻し、ロシアンデッキをシャッフルしたあと再度捲りなおす。
シャッフル直後にシャッフルカードが出た場合はもう一度シャッフルし直し、シャッフルカード以外が出るまで同様の処理を行う。


・横取りカード
ロシアンデッキには横取りカードが存在する。このカードが捲れた場合、相手のトラッシュの一番上にあるカードを使用し、使用後は自分のトラッシュの上に戻す。多人数戦の場合は各プレイヤーのトラッシュのうち1箇所から選ぶ。


・ツインチェック
自分のシールドが0枚の場合、ロシアンデッキを捲る際は通常捲る枚数の倍の枚数を捲る。
ツインチェックの1枚目の処理の際に自分のシールドが0枚でなくなった場合、ツインチェックはキャンセルとなり2枚目は捲らない。




・試合は原則2本先取、2本目以降は負け先とする。

・各対戦終了時にトラッシュにあるカードはロシアンデッキへは戻さない。
デュエル中にロシアンデッキがなくなる、シャッフルカードが出た場合のみ戻す。


追記からは現在のロシアンデッキのレシピ紹介です。
『ロシアンデュエル』

1 x 黙示聖獣カラドリウス
1 x 処罰の精霊ウラルス
1 x JK神星シャバダバドゥー
1 x ラッキー・ダーツ
3 x ドンドン守るナウ
2 x 盾神来光
1 x ライオネル・ウインド
1 x ゲット・レディ
1 x ポジトロン・サイン
1 x アポカリプス・デイ
1 x セレスティアル・アーク
1 x ハピネス・ベル

1 x アクア・スラッシュ
2 x 掘削機装エンター・ザ・ショベル
1 x メロッペ
1 x フェイト・カーペンター
1 x ファンキー・ウィザード
1 x 蒼神龍ヴェール・バビロニア
2 x 斬隠オロチ
1 x サイバー・N・ワールド
1 x アクア・ウェイブスター
1 x 蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド
1 x サイバーX・ザナドゥ
1 x 偽りの名 イージス
1 x エンペラー・キリコ
1 x キング・アトランティス
4 x 転生プログラム
1 x ジーニアス・ディザスター
2 x ヒラメキ・プログラム
1 x フォース・アゲイン
1 x サイバー・ハンド
1 x スクランブル・タイフーン
3 x ホーガン・ブラスター
4 x 転生スイッチ
2 x パーロックのミラクルフィーバー

1 x 暴発秘宝ベンゾ
1 x カビパン男
1 x ノクターン・ドラグーン
1 x リベンギオス・ドラグーン
1 x 猛虎ライガー・ブレード
1 x 妖姫シルフィ
1 x 無情プリンス デスシックス
1 x ナイトメア・マシーン
2 x 滅亡ルーレット
4 x 魔天降臨
1 x マリッジ・ブルー
1 x 煉獄の開放
2 x バイオレンス・ヘヴン
1 x 天頂開戦ゼニス

1 x 裂光戦士イザノミヒート
1 x アウトロー・ペッパー
1 x 邪神M・ロマノフ
1 x レッツ・ハンティング・カイザー
1 x 無限超竜ボルザード
1 x オメガ・クライシス・ドラグーン
1 x エクス・リボルバー・ドラゴン
1 x 鬼奥義 ザコダケ・イッソー
1 x ボルカニック・アロー
4 x ニンプウ・タイフーン
1 x サイクロン・パニック
2 x 鬼奥義イッキウチ
1 x 鳥速火炎弾
1 x 炎晶バクレツ弾
1 x チェーン・デスマッチ
2 x 温泉 湯あたり地獄
1 x トレジャー・チャンス
1 x JK大バクチ

1 x ジオ・ナスディーノ
1 x 獣王の手甲
2 x 曲芸メイド・リン・ララバイ
2 x 薔薇の使者
1 x 天動の化身
1 x 森獣妖精ポニーネイチャー
1 x ガイアズ・ソング
1 x 生魂転霊
1 x 父なる大地
2 x 深緑の魔方陣
1 x 大きくて小さな農園
3 x クリスタル・フュージョン
1 x 獰猛なる大地

1 x 鬼面聖者ザンバラ
2 x 鎧亜の魔術師グッチョッパ
2 x リアルとデスの大逆転
1 x 憎悪と怒りの獄門
1 x 偶発と弾幕の要塞
3 x ミラクルとミステリーの扉
2 x 天使と悪魔の墳墓
1 x 必殺!絶対絶望!!

2 x シャッフルカード
3 x 横取りカード



・光文明
ロシアンデュエルに最も重要となるシールドに関連する効果を持つカードが中心。
《JK神星シャバダバドゥー》《ラッキー・ダーツ》のような博打カードも揃っている中、唯一の破壊対象を制限しない爆弾カード《アポカリプス・デイ》もこの色に。

・水文明
ロシアンデッキにおいて最も枚数の多い文明。
《斬隠オロチ》《転生プログラム》《ヒラメキ・プログラム》などの変換カードから《ホーガン・ブラスター》のような博打カード、《偽りの名 イージス》《キング・アトランティス》といった爆弾カードも取り揃える優秀な文明です。凶カード《パーロックのミラクルフィーバー》が入るのもこの文明。
《エンペラー・キリコ》はロシアンデッキ内に進化元となるクリーチャーが多くいるのでうまく捲れば進化元のいないデッキでも問題なし。
また、山札消費が激しくなりがちなロシアンデュエルでは山札回復ができるカードの多いこの文明は大切となります。

・闇文明
ロシアンデュエルの醍醐味である突然の全体除去といえば闇文明。
《滅亡ルーレット》《魔天降臨》もデュエルのリズムが崩れる要因となりやすいです。

・火文明
破壊的なイメージと異なりデュエルを掻き回すカードが多いのが火文明。単体除去は片方のみのアドバンテージになりやすく投入し辛いのが要因ですね。
《ニンプウ・タイフーン》《サイクロン・パニック》といった手札交換、《エクス・リボルバー・ドラゴン》のマナ破壊が代表的。《鳥速火炎弾》《JK大バクチ》といった運が絡むカードも。

・自然文明
一般的にマナを増やすのが自然文明ですが、ロシアンデュエルでは逆にマナを減らしてしまいます。《ジオ・ナスディーノ》《獣王の手甲》などはデュエル序盤に捲れると動きを大きく妨害して厄介な反面、後半に引けるととても強かったり。
もちろんマナを増やすカードもありますが、そこは一方的にアドバンテージを取れるカードを極力削るロシアンデュエルなので一癖あるものばかり。
ロシアンデュエルを代表する凶カード《クリスタル・フュージョン》もこの文明に入ります。クリスタルフュージョンアザッシターはロシアンデュエルをやったことがある人なら誰もが通る道。

・虹文明
各文明のいいところを集めているため、アドバンテージを取りやすいものが多くロシアンデュエルに向かないものが多い虹文明。
《憎悪と怒りの獄門》《天使と悪魔の墳墓》《必殺!絶対絶望》のような特定状況下でアドバンテージを稼げるものが中心です。




ロシアンデュエル専門用語(?)集

・ブレイクボーナス
相手のシールドをブレイクした際にロシアンデッキを捲ること。

・爆弾カード
主にバトルゾーンのカードを大量に動かすようなカードを指す。有利な局面が飛ばされたり、不利な局面から逆転したり。
《アポカリプス・デイ》《キング・アトランティス》《エクス・リボルバー・ドラゴン》など。

・変換カード
特定のカードを入れ替えるカード。相手の計算を狂わせたり自分の盤面をよくしたり、それらの逆もあったり。
ロシアンデュエルの醍醐味を体現するカード。
《転生プログラム》《魔天降臨》《ニンプウ・タイフーン》など。

・博打カード
タイミング次第で一発逆転を狙えるカード。特定条件で効果を発動するものや、発動条件が厳しいものの成功すると莫大なアドバンテージを取れるものが該当。
《JK神星シャバダバドゥー》《憎悪と怒りの獄門》《必殺!絶対絶望》など。

・凶カード
基本的に莫大なアドバンテージを確保できるものの、下手をすると一瞬でライブラリアウトしてしまう危険なカード。ロシアンデュエルにおいてはこれらをうまく扱えるかが勝負になる。
《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》《パーロックのミラクルフィーバー》《クリスタル・フュージョン》など。

・フィーバーバブル崩壊
1.《パーロックのミラクルフィーバー》により大量のカードを手札に加えた返しに《ロスト・ソウル》を撃たれること。
2.《パーロックのミラクルフィーバー》により大量のカードを手札に加えた後に《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》の効果を賄いきれなくなりライブラリアウトしてしまうこと。
3.《パーロックのミラクルフィーバー》の宣言を外しライブラリアウトしてしまうこと。

・クリスタルフュージョンアザッシター
《クリスタル・フュージョン》により山札を全てマナに送られライブラリアウトしてしまうこと。

・フュージョンバブル崩壊
《クリスタル・フュージョン》によりマナが大量に増えた返しに《エクス・リボルバー・ドラゴン》が捲れてマナが一気に減ること。

・フィーバーバブル逆崩壊
相手が《パーロックのミラクルフィーバー》で大量のカードを手札に加えた返しに《ゲット・レディ》を捲りライブラリアウトしてしまうこと。

・くるくる魔天
《魔天降臨》が何度も捲られ手札とマナが短期間に何度も入れ替わること。

・絶望ボーナス
ブレイクボーナスをする度に爆弾カードを引いてしまい何度も自分のバトルゾーンを流されてしまうこと。

・ナックルイラネ
3ターン目開始時のデュエル中最初のロシアンデッキを捲る時に《獣王の手甲》が捲れて序盤から流れについていけなくなること。

・これ無理だわ
3ターン目のターン始めから《炎晶バクレツ弾》《ジオ・ナスディーノ》《獣王の手甲》《深緑の魔方陣》などのマナが減るカードを捲り続けいつまでたってもマナを伸ばせない時によく出る感想。

・絶望いらなくねこれ?
1.マナが溜まっていない序盤に《必殺!絶対絶望》を捲った時の感想。
2.《必殺!絶対絶望》に必要な文明がデッキに多く入っていないデッキ(特に白緑のデッキ)が《必殺!絶対絶望》を捲った時に大抵出る感想。
3.後半でマナも結構溜まっているのに《必殺!絶対絶望》が捲れてもギリギリ全ての効果の発動に枚数が足りない時にまず間違いなく出る感想。

・ロシアンDEデュエル
ロシアンデッキを適当に分割してそれをデッキとしてデュエルをする。ロシアンデュエルに飽きたときに行われやすい。
デュエルはブーストやドローソースが少ない上に全体除去が多いためグダグダになりやすい。
デッキの内容は適当に分割するため毎回ランダム。Wブレイカーを多く引けると有利。《サイバー・N・ワールド》を取れると有利だとか。

・ロシアン最強
身内であるCerberusを指す言葉。
彼のロシアンデュエルでの勝率は他プレイヤーと比べ明らかに抜きん出ているため、それを讃えるために作られた称号。
一時は管理人が考えたロシアンデュエル専用のデッキをしっかり用意してくるほどロシアンデュエルに情熱を持っている(かもしれない)。
彼の捲りの強さは異常。

・バイザー
身内であるバイザーを指す言葉(そのまんま)。
ロシアンデュエルになると地味に強くなる。しかしCerberusには勝てない。
ロシアンDEデュエルも強い。

・管理人
ロシアンデュエル製作者であるキラーを指す言葉。
「普通じゃない不毛なデュエルがしたい」という思いからこの特殊ルールを作った。
普段から少し資産があればすぐデッキを組んでしまう上に、ロシアンデッキも遊びの割には金がかかっているため彼は常にトレード用の資産不足に悩まされている。
製作者だからといって特別ロシアンデュエルが強いわけではない。
ロシアンデュエルで非公認大会を開きたいという願望を持ったこともあるが、ひとつでも苦労したロシアンデッキを何個も用意することが面倒なことに気付き断念。
ロシアンデュエルが有名になることを密かに期待している。






紹介はこんな感じですが、実際にやってみないことには面白さが伝わりにくいと思います。
ショップなどに出かける場合は時々持ってきていたりするので、興味のある方は是非お声がけ下さい。Twitterで事前に言ってもらえたりするとありがたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。