スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟してよね 離さないこの手は

挨拶回りも終わり、これから本格始動です。
では、記念すべき移転1発目のデッキ。


ひとりにひとつの永遠

1 x 光牙忍ハヤブサマル

3 x アクア・サーファー
1 x スパイラル・ゲート
1 x スパイラル・ドライブ
4 x エナジー・ライト
2 x 爆進エナジー・スパイラル

2 x 冥府の覇者ガジラビュート
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 魔刻の斬将オルゼキア
4 x 超次元ミカド・ホール
3 x 超次元バイス・ホール

3 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 次元流の豪力
4 x フェアリー・ライフ
1 x 再誕の社
4 x 超次元フェアリー・ホール

1 x 英知と追撃の宝剣

1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト


うちのエース格のひとつである青黒緑超次元。《光牙忍ハヤブサマル》はもちろん色としてカウントしません。
4種類の超次元ゾーンに干渉できるカードを駆使して、サイキックのカードパワーで捩じ伏せます。様々なデッキに安定した勝率を取れるデッキです。

実は現状サイキックの枠がひとつ空席の状態。
元々は《時空の戦猫シンカイヤヌス》の枠でしたが、所謂キルヤヌス戦術にしか需要がなくその戦術自体ほとんど使う機会がなくなってしまっていたために解雇。次いで名乗りを上げたのが《イオの伝道師ガガ・パックン》の2枚目でしたが、2枚目を使用する機会がほとんどなかったためにまた解雇。
現在は速攻への勝率の伸び悩みがあるので《時空の踊り子マティーニ》で落ち着いています。今の速攻はブロッカー対策が十分にされているので気休め程度ではありますが。2枚目の《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》、《時空の喧嘩屋キル》もいいかもしれません。《超時空ストーム・GENJI・XX》は狙えなくはありませんが・・・

サイキッククリーチャーは序盤であれば《時空の賢者ランブル》、中盤は《時空の封殺ディアスZ》を優先。
基本的には《霊魔の覚醒者シューヴェルト》を立てることを考えながら展開していきます。

《超次元バイス・ホール》→《時空の封殺ディアスZ》、《時空の賢者ランブル》、《舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ》、《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》、《時空の喧嘩屋キル》《イオの伝道師ガガ・パックン》、《時空の喧嘩屋キル》《時空の踊り子マティーニ》、《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》、《時空の霊魔シュヴァル》
《超次元ミカド・ホール》→《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》、《時空の賢者ランブル》、《時空の封殺ディアスZ》、《時空の霊魔シュヴァル》
《超次元フェアリー・ホール》→《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》、《巨人の覚醒者セツダン》、《時空の霊魔シュヴァル》、《時空の喧嘩屋キル》《時空の踊り子マティーニ》
《次元流の豪力》→《イオの伝道師ガガ・パックン》、《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》、《時空の霊魔シュヴァル》、《舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ》

こう見ると《超次元バイス・ホール》のパターンの多さは優秀ですね。デッキ内のすべてのサイキッククリーチャーにアクセスできます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。