スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きながら歩いた路を 他人は軽く通り抜けて


テスト期間ではあるものの、明日のDRに出ようかどうか悩み中。
出かける用事は確実にあるわけだから、それのついでにってことで・・・

Tomorrow's chance

1 x 光牙忍ハヤブサマル

3 x 蒼神龍ヴェール・バビロニア
4 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x エマージェンシー・タイフーン
2 x オンセン・無敵タイム
3 x 超次元エナジー・ホール

2 x 威牙忍ヤミノザンジ
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 黒神龍グールジェネレイド
4 x 超次元バイス・ホール
2 x ロスト・ソウル

3 x 霞み妖精ジャスミン
2 x 緑神龍アーク・デラセルナ
4 x フェアリー・ライフ
3 x 超次元フェアリー・ホール

1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x ガロウズ・セブ・カイザー/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 時空の邪眼ロマノフZ/邪神の覚醒者ロマノフ・Z・ウィザード
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー


カウンターバイケンと呼ばれるデッキです。バイケンマスターを名乗る以上は組んでおかねばならないデッキです。
といってもギャラクシーマスターで一世を風靡した赤青黒緑ではパワーインフレについていけず、うまく超次元を噛み合わせ環境にマッチさせた型となったものがこれ。

なんて前置きを入れずとも知ってますよねwww

《エマージェンシー・タイフーン》とともに主流であった《アクア・アンカー》が《超次元ミカド・ホール》ラインに引っかかってしまったのでカウンター発動要因が不足していましたが、《ガロウズ・セブ・カイザー》《蒼神龍ヴェール・バビロニア》を組み合わせることにより問題点を解決しました。
コンボを意識せずとも《ガロウズ・セブ・カイザー》はシノビやマッドネスを溜め込むことができるのでデッキのエンジンや殴り手としても優秀です。専用防御呪文である《オンセン・無敵タイム》でしぶとく粘っていきます。
《蒼神龍ヴェール・バビロニア》が相手の《海底鬼面城》《サイバー・N・ワールド》を利用してマッドネスを展開できるのはお馴染みですね。

さらにこの3枚は全てドラゴンであり、能動的に手札を切ることができるので《黒神龍グールジェネレイド》との相性もピカイチです。
これを投入するのは好みが分かれるところですが、私としては必須に近いと考えます。ビートダウンである以上は《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》に耐性を持てるメリットが大きいです。


リアルではまだ組んでないです。
これは《斬隠蒼頭龍バイケン》裏スリ完成の記念にしたいので、それまで取っておきたいと思います^へ^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キラー

Author:キラー
新潟住まいのデュエルマスターズ、遊戯王、プレシャスメモリーズ、Z/Xプレイヤー。
DMvaultの評判のいいデッキ投稿者に名前が載り、下位ランカーになる程度の実力です。

新潟健全会会長。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Duel Masters
THE INTERVIEWS
Twitter
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。